[addnab/docker-run-action]GitHub Actionsでyqのコンテナイメージを使ってマニフェストを更新する

1.この記事で達成したいこと GitHub Actionsでyqのコンテナイメージを使ってマニフェストを更新したい yqはPythonのパッケージマネージャのpipでも扱うことが出来るけどコンテナイメージで扱うほうが都合がよさそうなのでコンテナイメージでがんばりたい コンテナイメージで扱うというのは、docker runコマンドでyqのイメージをスポットで使う感じ yqの使い方についてはjqのyaml版と思って大丈夫。詳細は以前書いた記事を参考にしてほしい。 yqコマンド(jq wrapper for YAML)使い方備忘録 $ docker run --rm -v "$PWD:$PWD" -w="$PWD" \ --entrypoint yq linuxserver/yq \ <yqコマンド> GitHub Actions上でDockerコンテナイメージを扱う方法と注意点 やることは addnab/docker-run-action を使うだけ 基本的な使い方はaddnab/docker-run-actionの上記のリンクにサンプルコードを添えて書かれている しかし、docker runコマンドのときのように同アクションを使おうとすると、ホストとコンテナ間でマニフェストが置かれたディレクトリをマウントするところでつまずいた そこで、この記事では特に同アクションを使う際のホストとコンテナ間でディレクトリをマウント方法する方法について、yqのコンテナイメージを使って解説していきたい 2.前提 addnab/docker-run-actionの検証リポジトリはpublic public/private問わず、同Actionsを使う際の注意点は同じはずだけど念のため書いておく yqは以下のとおり2種類あるが、ここでは https://hub.docker.com/r/linuxserver/yq を扱う ↓この記事で使うyq Github https://github.com/kislyuk/yq https://github.com/mikefarah/yq Docker Image https://hub....

January 30, 2022 · 3 min · gkzz