[Changes to S3 Bucket Drift Detection] Terraform AWS Provider 4.9のaws_s3_bucketリソースにおけるアップデート内容

1.この記事を書こうと思った背景 これまで、Terraform AWS Provider のバージョンを3.7系から4.x系に引き上げようとすると以下のissueで取り上げられているような、 aws_s3_bucket resourceでエラーとなっていた。 S3 bucket issue: Can’t configure a value for “versioning” #23125 このエラーは、Terraformの以下のガイドに記載されているとおり、aws_s3_bucket resourceの大規模な仕様変更が入ったことに起因する。 Version 4.0.0 of the AWS Provider introduces significant changes to the aws_s3_bucket resource. See S3 Bucket Refactor for more details. 出所:Terraform AWS Provider Version 4 Upgrade Guide ところが、AWS Provider 4.9に引き上げるとエラー判定とされなくなっていた、、!? v4.0のリリース内容もびっくりだが、これもびっくりなので筆を執ることにした。 AWS Provivder 4.9.0の CHANGELOG 2.AWS Provider 4.9に引き上げるとエラー判定ではなくWARNING判定となる これまでの4.x系では aws_s3_bucket resource で3.7系までの書きっぷりをすると、エラーとしてきた 一方、4.9系ではWARNINGは出れどresourceは作ってくれた。それと明示的に修正が必要な箇所を指摘してくれる!! ※ WARNINGが出ていて大丈夫なんですか? という点については分かっていない。Terraform が指摘してくれた箇所の修正をしたほうがいいことは間違いないだろう。(今後のアップグレードによっては、またエラー扱いとなるというこもありうる)...

April 9, 2022 · 6 min · gkzz

asdfでkubectlのバージョンを切り替えながらasdfとそのプラグインの設定方法を理解する

1.この記事で達成したいこと asdfとそのプラグインを設定する方法が頭の中でごちゃごちゃしていた。たとえば、、。 asdf plugin-addとasdf installはどっちからコマンド実行するの? 既にプラグインはをインストールしているか?確認するのはどうやるの? そこで実際に以下のasdfのプラグインを使いながら、その設定方法を理解したい kubectl asdf-community/asdf-kubectl: Kubectl plugin for the asdf version manager 2.はじめに そもそもasdfとはなにか?という説明は公式ドキュメントに譲りたいが、ひとことでいえば バージョン管理ツール である バージョン管理の類似ツールを挙げるとすれば、pythonのvirtualenvはそのひとつであろう。相違点はバージョン管理の対象がひとつだけか複数か。(virtualenvの場合はpythonのみのひとつだけ。) asdfでバージョンを管理するためには、asdf自体のインストールすることに加えて、バージョン管理したいツールに対応したプラグインもインストールする必要 がある 3.環境情報 $ grep VERSION= /etc/os-release VERSION="20.04.3 LTS (Focal Fossa)" $ asdf --version v0.10.0-0f99d0a 4.asdf自体のインストール asdfのドキュメントに従って進めればよいが、そのインストール方法はいくつかある 今回採用した方法はasdfのリポジトリのブランチを指定してクローンするという方法 指定したリリースブランチは、release-v0.10.0 $ git clone https://github.com/asdf-vm/asdf.git ~/.asdf --branch release-v0.10.0 $ tail ~/....

January 13, 2022 · 2 min · gkzz

sensitve=trueな値をterraform outputで確認する方法

1.この記事で達成したいこと sensitve=trueな値をterraform outputで確認したい 1-1.お悩みポイント そもそもsensitve=trueとしている理由は、terraform applyやterraform outputする際にはCLI(ターミナル)上では出力させたくないから なので、terraform applyやterraform outputする際には表示されないのが正しい! とはいえ、確認したいときはある。さて、どうするか、、??? $ terraform output aws_iam_smtp_password_v4 = <sensitive> sensitive=trueの技術的仕様はterraform.tfstateに記載されている値のうち、出力させないそれらを指定するというもの なので以下のように確認することはできるが、チョット煩わしい。シュッとやりたい。 $ cat terraform.tfstate | jq -r .outputs { "aws_iam_smtp_password_v4": { "value": "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx", "type": "string", "sensitive": true } } このような都合のいい、「ワガママ」な事情をよしなに汲み取ってterraform outputで確認するというのが本記事の目的 2.前提 Terraformのインストール方法を始めとする初期設定は終えているものとして話を進める 今回出力したくないセキュアな値は ses_smtp_password_v4 とする サンプルコードは以下のとおり $ cat main.tf resource "aws_iam_user" "dummy" { name = "dummy" path = "/dummy/" } resource "aws_iam_access_key" "dummy" { user = aws_iam_user....

January 7, 2022 · 2 min · gkzz

【InvalidParameterValue: The same permission must not appear multiple times】aws_security_groupリソースをterraform applyしたときのエラーの原因と解決策

1.この記事で達成したいこと aws_security_groupリソースを使って複数のインバウンドルールを追加しようとして引いたエラーを解決する $ terraform apply 略 │ Error: error updating Security Group (sg-000000000000): error authorizing Security Group (ingress) rules: InvalidParameterValue: The same permission must not appear multiple times │ status code: 400, request id: 000000000000000000 │ │ with aws_security_group.dummy-sg, │ on main.tf line 23, in resource "aws_security_group" "dummy-sg": │ 23: resource "aws_security_group" "dummy-sg" { エラーメッセージが指す23行目付近で書いていること $ view main.tf 略 23 resource "aws_security_group" "dummy-sg" { 24 name = "dummy-sg" 25 description = "dummy security group" 26 vpc_id = aws_vpc....

January 4, 2022 · 3 min · gkzz