[budget alerts]Serverless FrameworkとAWS Budgetsで日次の利用料金が想定より高かったらSlackへ通知する(Cost Anomaly Detectionは採用見送り)

1.この記事を書こうと思った背景 AWSの利用料金が想定以上に高くてびっくりしたことがあった AWSの利用料金が想定より高くなったら検知するようにしようと決意したい ↓こういったことが起きないためにも、、 AWSでやらかして3桁万円請求された話 - Qiita 無事できたので、この記事でどうやったか?またいくつか検知する方法があるなかでどういった選定基準を持ったか?書いていきたい ※ サンプルコードはこちら https://github.com/gkzz/serverless-aws-budget-alerts-to-slack 2.前提 AWSの利用料金が想定より高くなったら検知する方法は2022/02/24時点で3種類あり、この記事ではbudget alertsを使った方法を採用している。ただし、各サービスの仕様変更やアップデートなどにより今後は他2つの方法を採用した方がいいということも。 3.環境情報 Serverless Frameworkのバージョンは3.2 $ grep VERSION= /etc/os-release VERSION="20.04.3 LTS (Focal Fossa)" $ sls --version Framework Core: 3.2.0 Plugin: 6.0.0 SDK: 4.3.1 $ npm --version 6.14.16 $ nodejs --version v10.19.0 Serverless Frameworkでは環境変数としてAWSのRegionとSlackのincoming webhook urlを使っている 環境変数の使い方や適用方法については以前書いたのでそちらを参照してほしい Serverless Framework 3.xでserverless-dotenv-pluginを使った環境変数の読み込みができなかったのでserverless.ymlを修正した | gkzz.dev  # ....

February 24, 2022 · 5 min · gkzz

Serverless Framework 3.xでserverless-dotenv-pluginを使った環境変数の読み込みができなかったのでserverless.ymlを修正した

1.この記事を書こうと思った背景と書いていきたいこと 1-1.背景 先日、Serverless Frameworkがv3にメジャーアップデートされたことは記憶に新しい Serverless Framework V3 Is Live! そんなServerless Frameworkを2系から3系に引き上げてserverless-dotenv-pluginを使って環境変数が読み込もうとしたところ、以下のようなエラーを引いてしまった $ sls deploy Environment: linux, node 14.19.0, framework 3.2.0, plugin 6.0.0, SDK 4.3.1 Docs: docs.serverless.com Support: forum.serverless.com Bugs: github.com/serverless/serverless/issues Error: Cannot resolve serverless.yml: Variables resolution errored with: - Cannot resolve variable at "custom.REGION": Value not found at "env" source, - Cannot resolve variable at "custom.FAVORITE": Value not found at "env" source このエラーはserverless.ymlと同じ階層のdotenvファイルに書かれた環境が読み込めないというもの 書き方はのドキュメントに詳しく書かれているのでそちらを参照してほしい。ただし、2系で使える書き方であり、3系に対応した書き方はこれから紹介する書き方を採用する必要がある。 Serverless Framework: Plugins エラーを引いたときに使ったserverless....

February 14, 2022 · 2 min · gkzz