[Changes to S3 Bucket Drift Detection] Terraform AWS Provider 4.9のaws_s3_bucketリソースにおけるアップデート内容

1.この記事を書こうと思った背景 これまで、Terraform AWS Provider のバージョンを3.7系から4.x系に引き上げようとすると以下のissueで取り上げられているような、 aws_s3_bucket resourceでエラーとなっていた。 S3 bucket issue: Can’t configure a value for “versioning” #23125 このエラーは、Terraformの以下のガイドに記載されているとおり、aws_s3_bucket resourceの大規模な仕様変更が入ったことに起因する。 Version 4.0.0 of the AWS Provider introduces significant changes to the aws_s3_bucket resource. See S3 Bucket Refactor for more details. 出所:Terraform AWS Provider Version 4 Upgrade Guide ところが、AWS Provider 4.9に引き上げるとエラー判定とされなくなっていた、、!? v4.0のリリース内容もびっくりだが、これもびっくりなので筆を執ることにした。 AWS Provivder 4.9.0の CHANGELOG 2.AWS Provider 4.9に引き上げるとエラー判定ではなくWARNING判定となる これまでの4.x系では aws_s3_bucket resource で3.7系までの書きっぷりをすると、エラーとしてきた 一方、4.9系ではWARNINGは出れどresourceは作ってくれた。それと明示的に修正が必要な箇所を指摘してくれる!! ※ WARNINGが出ていて大丈夫なんですか? という点については分かっていない。Terraform が指摘してくれた箇所の修正をしたほうがいいことは間違いないだろう。(今後のアップグレードによっては、またエラー扱いとなるというこもありうる)...

April 9, 2022 · 6 min · gkzz