asdfでkubectlのバージョンを切り替えながらasdfとそのプラグインの設定方法を理解する

1.この記事で達成したいこと asdfとそのプラグインを設定する方法が頭の中でごちゃごちゃしていた。たとえば、、。 asdf plugin-addとasdf installはどっちからコマンド実行するの? 既にプラグインはをインストールしているか?確認するのはどうやるの? そこで実際に以下のasdfのプラグインを使いながら、その設定方法を理解したい kubectl asdf-community/asdf-kubectl: Kubectl plugin for the asdf version manager 2.はじめに そもそもasdfとはなにか?という説明は公式ドキュメントに譲りたいが、ひとことでいえば バージョン管理ツール である バージョン管理の類似ツールを挙げるとすれば、pythonのvirtualenvはそのひとつであろう。相違点はバージョン管理の対象がひとつだけか複数か。(virtualenvの場合はpythonのみのひとつだけ。) asdfでバージョンを管理するためには、asdf自体のインストールすることに加えて、バージョン管理したいツールに対応したプラグインもインストールする必要 がある 3.環境情報 $ grep VERSION= /etc/os-release VERSION="20.04.3 LTS (Focal Fossa)" $ asdf --version v0.10.0-0f99d0a 4.asdf自体のインストール asdfのドキュメントに従って進めればよいが、そのインストール方法はいくつかある 今回採用した方法はasdfのリポジトリのブランチを指定してクローンするという方法 指定したリリースブランチは、release-v0.10.0 $ git clone https://github.com/asdf-vm/asdf.git ~/.asdf --branch release-v0.10.0 $ tail ~/....

January 13, 2022 · 2 min · gkzz